樹の恵本舗 株式会社 中村 樹の恵本舗 株式会社 中村
MENU CLOSE
あさかのサッと食べれるマグカップレシピ

余りがち食材使い切りレシピ⑬
「サクサク食感!コーンフレークからあげ」

(544kcal)

“世の中の暮らしやフードシーンを、「おいしい」で変えていく。”をコンセプトに多くの企業、メディアでレシピを発信している「hoppe」。

「高校生レストラン」で有名な三重県の相可高校出身、お魚検定2級のフードスタイリスト西村麻佳が、手に入りやすい食材、余らせがちな食材を使ったお手軽レシピをお届けします。

朝食用にと買ったコーンフレークも、毎日は続かずに余らせてしまいがち。そんなコーンフレークを衣に使って、からあげを作っちゃいます。コーンフレークの食感のおかげで、油で揚げなくてもサクサクおいしいからあげに仕上がります。

材料(1人分)

  • 鶏もも肉 大1/2枚(150g)


*調味料

  • しょうゆ  大さじ1
  • 酒     大さじ1
  • みりん   大さじ1
  • すりおろしにんにく 小さじ1/2
  • すりおろししょうが 小さじ1/2
  • 溶き卵      1/2個分
  • 薄力粉      大さじ2
  • コーンフレーク  30g
  • グリーンリーフ  適量
  • レモン(くし切り)適量

作り方

鶏もも肉は一口大に切り、保存用袋に入れる。調味料を加えてもみ込み、10分ほどおいたら、袋から調味料を捨てて溶き卵、薄力粉を加え、混ぜ合わせる。

※ボウルを使ってもいいですが、保存用袋の方が少ない調味料で味が染み込みます。

別の袋にコーンフレークを入れて、めん棒などで砕いたらバットに出す。

①を②のバットに出し、コーンフレークを全体にしっかりとまぶす。

トースターにアルミホイルを敷き、その上に③を並べる。アルミホイルをかぶせ、13~15分ほど焼く。肉に火が通ったら、アルミホイルを外して1分ほど表面を焼く。

器に盛り、好みでグリーンリーフとレモンを添える。

先生よりワンポイントアドバンス
自宅で揚げ物をするのは手間がかかるので、トースターで“なんちゃってからあげ”にしてみました。コーンフレークを粉々にしすぎず、ほどほどに砕くと楽しい食感が残りますよ。
Writer Writer
ライター紹介
西村 麻佳
フードコーディネーター・
フードスタイリスト
​世の中の暮らしやフードシーンを、「おいしい」で変えていくスタジオ、hoppe所属。
「高校生レストラン」で有名な三重県の相可高校で、料理の基礎を学ぶ。食品メーカー勤務を経てフードコーディネーターに転身。飲食店や食品メーカーへのメニュー提案やレシピ制作をはじめ、スタッフ研修なども担当している。フードスタイリングの経験も豊富で、若者向けのポップなテイストから年配向けのシックな雰囲気まで幅広いスタイリングに対応。プライベートでは、アイス好きが高じてイタリアでジェラート修行を経験。お魚検定2級。

【スタジオ「HOPPe」】スタジオ「HOPPe」

【twitter】@nishimura_asaka
【Instagram】nishimura.asaka
一覧へ戻る