樹の恵本舗 株式会社 中村 樹の恵本舗 株式会社 中村
MENU CLOSE
あさかのサッと食べれるマグカップレシピ

余りがち食材使い切りレシピ⑧
「ツナ缶としめじのマヨ炊き込みご飯」

(1人分あたり386kcal)

“世の中の暮らしやフードシーンを、「おいしい」で変えていく。”をコンセプトに多くの企業、メディアでレシピを発信している「hoppe」。

「高校生レストラン」で有名な三重県の相可高校出身、お魚検定2級のフードスタイリスト西村麻佳が、手に入りやすい食材、余らせがちな食材を使ったお手軽レシピをお届けします。

マヨネーズは必要な時に買うんだけど、頻繁には使わないのでなかなかなくならない・・・。そんな方にマヨネーズを使った炊き込みご飯をご紹介します。
マヨネーズを入れるとコクが出て、油でお米がおいしく炊き上がります。和の食材にもとっても合うので、ぜひ試してみてください。

材料(3〜4人分)

  • 米:2合
  • ツナ缶:1缶
  • しめじ:1パック
  • めんつゆ(2倍濃縮):大さじ6
  • マヨネーズ:大さじ2
  • マヨネーズ、貝割れ菜、適宜

作り方

米はといで30分、水に浸す。しめじは石突きを取り、手でほぐす。ツナ缶は油を切っておく。
※油分が多すぎるとベタベタしてしまうので、ツナ缶の油はしっかり切りましょう。

炊飯器に水気を切った米、めんつゆ、マヨネーズを入れ、2合の目盛りまで水を加えてさっと混ぜたら、しめじ、ツナ缶を加えて炊飯する。

※調味料(めんつゆ、マヨネーズ)は全体になじむように混ぜますが、具材(しめじ、ツナ)は上にのせて混ぜないようにしましょう。炊き込みご飯の鉄則です!

炊き上がったら、全体を混ぜ合わせて器に盛る。好みで貝割れ菜とマヨネーズをトッピングする。

先生よりワンポイントアドバンス
お米は、めんつゆなどを加えた水を吸いにくいので、研いだ後に30分しっかり水に浸して吸水させましょう。また具材は、炊く前にお米に混ぜてしまうと炊きムラができてしまうので、お米の上にのせるだけで混ぜないのがポイントです。
Writer Writer
ライター紹介
西村 麻佳
フードコーディネーター・
フードスタイリスト
​世の中の暮らしやフードシーンを、「おいしい」で変えていくスタジオ、hoppe所属。
「高校生レストラン」で有名な三重県の相可高校で、料理の基礎を学ぶ。食品メーカー勤務を経てフードコーディネーターに転身。飲食店や食品メーカーへのメニュー提案やレシピ制作をはじめ、スタッフ研修なども担当している。フードスタイリングの経験も豊富で、若者向けのポップなテイストから年配向けのシックな雰囲気まで幅広いスタイリングに対応。プライベートでは、アイス好きが高じてイタリアでジェラート修行を経験。お魚検定2級。

【スタジオ「HOPPe」】スタジオ「HOPPe」

【twitter】@nishimura_asaka
【Instagram】nishimura.asaka
一覧へ戻る