樹の恵本舗 株式会社 中村 樹の恵本舗 株式会社 中村
MENU CLOSE
「おつかれ。今日の私。」ジェーン・スー

「おつかれ、今日の私。」vol.4

東京生まれの日本人。
現在、TBSラジオ「ジェーン・スー 生活は踊る」のMCを務める人気コラムニストで作詞家、プロデューサーのジェーン・スーが、毎日を過ごす女性たちに向けて書き下ろすエッセイです。

おつかれ、今日の私。 vol.4

「なんでしんどいのか、自分でもよくわからないんですよ」

34歳になったばかりの、女友達と呼ぶにはまだ少し早い、でもこれからもっと仲良くなれそうな知り合いの女性が言った。

彼女は絶賛婚活中だ。正確に言えば、のちのち結婚につながる恋愛相手を探している。つまり、「ちゃんと恋愛してから結婚したい」と思っている。

友人に紹介を頼んでみたが、ピンとくる出会いはなかったそうだ。いまはアプリを使って月に二度くらいデートをしているらしい。月に二度も知らない人と会うのは、それだけで疲れる。彼女ぐらいの年齢のころ、私も同じようなことをしていたのでよくわかる。

「先週の日曜日に会ったのは、お菓子作りが趣味の人でした。クリスマスになると、同僚に頼まれてホールケーキを焼くくらいの腕なんです。写真も見せてもらいました。デザインはちょっと古かったけど、すごく美味しそうでした」

幸先の良さそうな話なのに、彼女の表情は暗い。

「顔はアプリに載せていた写真とはやや違ったけど、誠実そうだったし、ちゃんとした会社で働いていたし……」

ならば、いったいなにが問題だったのだろう。

「自己紹介してすぐ、『いま住んでいる不動産は購入したものですが、立地が良いので売ることもできます。父親は亡くなっておりますが、母親は兄夫婦が面倒を見ることになっているので、同居や介護の心配はありません』って言われて」

ああ、それはしんどいね。

「カフェに入ったんですけど、それは彼に食べたいケーキがあったからなんです。『男ひとりでは入りづらいから』と言ってて。嬉しそうに写真撮って食べてて、いいことのはずなのに、なんかそれもしんどくて」

気が合う合わない以前のところで、彼女はつまずいてしまったらしい。

察するに、彼女のしんどさは、彼のしんどさと同質だ。婚活市場において、不動産を所有していれば加点、介護が透けて見えるなら減点、男のくせにひとり休日のカフェでケーキをつつくなんて、減点。でも彼女と一緒なら、OK。そう感じているであろう彼のしんどさは、初デートのときはいつもより「普通め」の服を着て、ひっつめ髪を降ろし、普段より少し大人しく振舞い、アプリのプロフィール欄に「趣味は料理」と、嘘ではないが本当でもないことを書いてしまう彼女のしんどさと背中合わせだ。私が過去に丸抱えしていた、いまもすべてを手放せたとは言えないしんどさとも。

条件だけで結婚相手を選べるタイプなら、彼女は彼を好ましく思ったかもしれない。でも、「ちゃんと恋愛したい」と思うから、条件じゃないなにかに触れて恋に落ちたいから、自分の鏡みたいな存在に怖じ気づいてしまった。それに、彼女の考える「ちゃんとした恋愛」は、自分に自信が持てない彼女を現時点より高みに上げて、肯定してくれるモノじゃなきゃいけない。同じしんどさを抱えた相手と、ともに歩いていく覚悟は彼女にはないのだ。

彼女も彼も、顔の見えない世間が作った規範にがんじがらめになってる。だって、そのほうが婚活には有利な気がするもの。好き同士が結ばれることをヨシとしながら、社会的承認を伴わないとバツを付けられる、世間のストライクゾーンに収まろうとする彼女と彼を、誰が責められよう。

こんがらがった彼女の心の塊を、瞬時に解きほぐす手立てはない。少しずつ少しずつ、自分で気付いていくしかないだろう。いまはとにかく、疲れた心とカチコチになった体を休めて欲しい。

「今日は、お高めのバスソルトを買いなさいよ」

そう彼女に伝えると、不思議な顔をされた。入浴が問題を洗い流すわけではないことは、私もよくわかっている。でも、「ああ、いい香り」とか「あたたかくて気持ちいい」とか、明るい気持ちになる瞬間を作ることは、暴飲暴食よりずっと自分にやさしい。今夜、彼女がバスタブのなかで、訳もわからずメソメソ泣けるといいな。まずはそこから。

Writer Writer
ライター紹介
ジェーン・スー
コラムニスト/ラジオパーソナリティ/作詞家
東京生まれ、東京育ちの日本人。
現在、TBSラジオ「ジェーン・スー 生活は踊る」(月〜金11:00〜)のパーソナリティを担当。
毎日新聞、婦人公論、AERAなどで数多くの連載を持つ。
2013年に発売された初の書籍『私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな』(ポプラ社)は発売されると同時にたちまちベストセラーとなり、La La TVにてドラマ化された。
2014年に発売された2作目の著書『貴様いつまで女子でいるつもりだ問題』は、第31回講談社エッセイ賞を受賞。

その他の著書に『女の甲冑、着たり脱いだり毎日が戦なり。』(文藝春秋)、『今夜もカネで解決だ』(朝日新聞出版)、『生きるとか死ぬとか父親とか』(新潮社)、『私がオバさんになったよ』(幻冬舎)、脳科学者・中野信子氏との共著『女に生まれてモヤってる!』(小学館)がある

最新著書『これでもいいのだ』(中央公論新社)が発売中。
【特設サイト】https://www.chuko.co.jp/special/janesu/
【twitter】:@janesu112


イラスト:Ayumi Nishimura
大学在学中よりイラストレーターとしての活動を開始。
2016年〜2018年にはニューヨークに在住。
帰国後も現地での経験を作風に取り入れ、活動を続けている。
【Instagram】:_a_y_u_m_1_/

一覧へ戻る