樹の恵本舗 株式会社 中村 樹の恵本舗 株式会社 中村
MENU CLOSE
「おつかれ。今日の私。」ジェーン・スー

「おつかれ、今日の私。」vol.1

東京生まれの日本人。
現在、TBSラジオ「ジェーン・スー 生活は踊る」のMCを務める人気コラムニストで作詞家、プロデューサーのジェーン・スーが、毎日を過ごす女性たちに向けて書き下ろすエッセイです。

おつかれ、今日の私。 vol.1

「やっぱり!なんかトラブると思ってた!」
腰に手を当て、仁王立ち。本当は涙がこぼれそうだけど、グッと我慢。

とあるメーカーで制作物の進行管理をする仕事に就き、5年になる。今回は「急ぎで」と頼まれた店頭配布用のキャンペーンチラシ制作の担当。最初から前途多難だった。早めの納期を設定したのはあっちの部署なのに、いつまで経っても詳細が決まらなかったし、ようやく文字要素が送られてきたと思ったら、どう考えてもA4裏表のサイズには収まらない文字量だったし。

「この仕事、何年目ですか?」と悪態を吐きたいのを堪え、先に送っておいたラフデザインに、このパートにはこれぐらいの文字数が入りますと注釈を入れて送り返す。そしたら、「そっちで適当な長さにして」だって。そんなの無理!無責任なことできないよ。

文字だけじゃない。色を変えたりロゴを大きくしたりと、デザイナーさんに何度も修正を依頼して、ようやくデザインデータが完了したのが納期の一週間前。色校チェックと呼ばれる最後の確認を経て、印刷会社に頭を下げまくって印刷し、予定通り納品…の、はずだった。だけど、上がってきたピカピカのチラシを見た、先の担当者が放ったひとことはこれ。「あ、キャンペーン期間が変更になったの忘れてた」。

ガクッと来るよね。泣けるよね。あんなに何度も確認したのに、どうしてそんな初歩的なミスをするんだろう。悪びれもせず、よくサラッと言えるよ。デザイナーさんにはほかの仕事を後回しにさせちゃったし、印刷会社の人たちなんて、土日返上で働いてくれたのに。1万枚のチラシ、どうするつもり?

キャンペーン開始までに間に合わないって理由で、チラシの制作はなくなった。「Webのほうが早いしね」なんて、嫌味まで言われちゃった。あいつめ。かかった費用は、キッチリ請求させていただきますけど!

最近、なんにも報われない。自分をすり減らして頑張っても、どこからも「ありがとう」の言葉ひとつ返ってこない。必要な人だと思われたくて、東奔西走していたら、いつの間にかそれが当たり前になっちゃった。どうしようかな、そろそろ転職しようかな。そのうち結婚して子どもも欲しいしな。

これは前に勤めていた会社の後輩ちゃんから、ずい分前に聞いた話。これはさすがに凹む。いきなり凹むんじゃなくて、とことん腹が立ったあと、風船がしぼむように凹むタイプの出来事。なんのために働いているのだろうと、大きなため息がこぼれてしまうのも無理はない。そして残酷なことに、仕事ってこういうことの繰り返しだったりする。自分の頑張りを誰にも理解してもらえなくて、涙がにじんでくるようなことの。自分が、どこにも納品されない役立たずのチラシみたいな気分になってくる。

こういうときは、自分のことをいつも以上に大切にしたほうがいい。自分の感情が求めているものを、注意深く観察しよう。カラオケや、友達との弾丸トークで発散したいのか、それとも、傷付いた心にそっと毛布を掛けるように、癒されたいのか。

フルコースだっていい。たとえば金曜の夜は女友達と焼肉で発散し、土曜日にスーパー銭湯やスパで癒されて、日曜日は家で元気になる映画を観る。『ローラーガールズ・ダイアリー』なんかがオススメです。

本当は、元気になるまで誰かに丸ごとなぐさめてもらいたいところだけれど、話を聞いてもらったとしても、私の気持ちを完璧に理解してくれる人はいない。分散しようがなにしようが、どうしたって、受け止めて欲しい気持ちは相手の容量からあふれてしまうもの。

だから、自分で自分をなぐさめる方法をいくつか持っていよう。どうやったら自分が癒されるのか、いろいろ実験してみよう。ベストなやり方が編み出せたら、次はもっとうまくしのげるはずだから。

Writer Writer
ライター紹介
ジェーン・スー
コラムニスト/ラジオパーソナリティ/作詞家
東京生まれ、東京育ちの日本人。
現在、TBSラジオ「ジェーン・スー 生活は踊る」(月〜金11:00〜)のパーソナリティを担当。
毎日新聞、婦人公論、AERAなどで数多くの連載を持つ。
2013年に発売された初の書籍『私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな』(ポプラ社)は発売されると同時にたちまちベストセラーとなり、La La TVにてドラマ化された。
2014年に発売された2作目の著書『貴様いつまで女子でいるつもりだ問題』は、第31回講談社エッセイ賞を受賞。

その他の著書に『女の甲冑、着たり脱いだり毎日が戦なり。』(文藝春秋)、『今夜もカネで解決だ』(朝日新聞出版)、『生きるとか死ぬとか父親とか』(新潮社)、『私がオバさんになったよ』(幻冬舎)、脳科学者・中野信子氏との共著『女に生まれてモヤってる!』(小学館)がある

最新著書『これでもいいのだ』(中央公論新社)が発売中。
【特設サイト】https://www.chuko.co.jp/special/janesu/
【twitter】:@janesu112


イラスト:Ayumi Nishimura
大学在学中よりイラストレーターとしての活動を開始。
2016年〜2018年にはニューヨークに在住。
帰国後も現地での経験を作風に取り入れ、活動を続けている。
【Instagram】:_a_y_u_m_1_/

一覧へ戻る